ラックサーバーコンピューターの処理能力

自宅で運用しているサーバーは、安価なタワー型なのですが、職場ではラックサーバーを使用しています。

コンピューターの処理能力はもちろんのこと管理のしやすさや、セキュリティに関してなどほぼすべてにおいてラックサーバーコンピューターが優れているのですが、私が自宅でラックサーバーを使用できない理由としては、とにかく価格が高いということと、サーバーコンピューターが室内に複数台集積してしまうことによって、排熱がなかなか追いつけない状態になってしまい排熱ファンが24時間、ほぼ365日の間、大きな騒音を立てて回ってしまいます。



また電力消費量などもかなり大きいので、私の自宅マンションで使用した場合に電力供給の限界を超えてしまって、停電などの事態に陥ったとしたら、ラックサーバーも高温になった室内に耐え切れなくなってストップしてしまうのではないかと考えています。



また自宅などにラック型のサーバーを置いた場合、盗難に遭うなどするとコンパクトなラック型のサーバーは簡単に盗まれてしまう恐れがあるので、物理的な安全面でも心配になります。



また最近ではブレード型のサーバー機の性能や安定性が向上してきているので、ラック型を購入するのならばブレード型を購入した方が将来的に良いのではないかと考えています。



しかしブレード型はラック型よりもさらに価格が高いので、総合的に考慮すると現時点では我が家に導入するサーバー機はラック型ということになります。